今を生きている私たちは

公開日:  最終更新日:2018/08/26

夏場にたくさん汗をかいて体内の水分の量が減るとおしっこが減らされて体温調節に必要な汗のための水分が蓄えられ、この予備の水分が使用されずに不愉快なむくみの原因になっています。
今を生きている私たちは、日々刻々と体の中に蓄積されていくという恐怖の毒素を、多くのデトックス法を使って体外へ追いやり、藁にもすがる想いで健康体を手に入れようと皆努めている。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような反応とつながっている事のうち特にお肌の強い症状(かゆみ等)を認めるもので要するに過敏症の仲間なのだ。
化粧の長所:外見が美しくなる。お化粧も嗜みのひとつ。本当の歳より大人っぽく見せることもできる(あくまで10代〜20代前半に限った話)。自分自身の印象を好みで変化させられる。
メイクアップの利点:新製品が出た時の楽しみ。自分の素顔とのギャップが楽しい。多種多様なコスメにお金をつぎ込むことでストレス解消になる。化粧をすることそのものに面白みを感じる。

何はともあれ乾燥肌が生活や環境に深く関係しているのであれば、普段の身辺の癖に気を配ればほぼ肌の悩みは解消します。
肌のハリの源であるコラーゲンは、太陽からの紫外線に当たってしまったり化粧品による刺激を長期間に渡って受けてしまったり、日々のストレスが徐々に溜まったりすることで、組織を破壊され、最後には作られにくくなってしまうので注意が必要です。
皮膚が乾燥する要因の一つであるセラミドと皮脂の減量は、アトピー性皮膚炎のように遺伝によるものと、逃れようのない年齢やスキンケア化粧品や洗浄料による後天的な要素にちなんだものが存在しています。
指で押すと返してくる弾むような肌のハリ。これをもたらしているのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、すなわち蛋白質なのです。バネの役目をするコラーゲンが正常にお肌を支えていれば、たるみとは無関係でいられるのです。
見た目を整えることで気持ちがはつらつとして余裕が出るのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も一緒。メイクは己の内面から元気を見つける最良のテクニックだと認識しています。

加齢印象を高くする重要な素因のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の外側には、目には見えないくらい小さな凸凹があり、普段の生活の中で黄色っぽい着色や食物カスの汚れがこびり付いていきます。
更に日々の生活のストレスで、精神にまでも毒物は山のように溜まり、身体の不調も引き寄せてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」というような意識こそが、多くの人々をデトックスに駆り立てているのだ。
この国において、肌が透き通るように白く黄ぐすみや目立つシミの存在しない状態を好ましく受け止める慣習が現代以前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。
現代社会を生きていく私たちには、体の中には人体に悪い影響を及ぼす化学物質が取り込まれ、そして己の体の中でもフリーラジカルが生産されていると言われているらしい。
医療がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を重視する空気に包まれており、物づくりに代表される日本経済の発展と医療市場の急速な巨大化により、美容外科(Cosmetic Surgery)は現在脚光を浴びている医療分野であろう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑